全ての命を生み出すその存在――「創造神」たちは、無限に広がる空間を絶えることなく渡っていた。
 やがて、ある一つの星に渡り着いた彼らは、自らを模倣した初めての命である「タイタン族」を創りだす。
 「タイタン族」は創造神たちと同じ力を与えられたが、それを使いこなす知恵を与えられず、
 ただ本能のまま破壊を繰り返していく。
 やがて「破壊の星デスト」と呼ばれるようになったその星は、周囲の惑星を次々と飲み込んでいった。

 創造神たちはタイタン族を見限り、新たな地である「神聖の星グレイス」で二つ目の生命「女神族」を生み出す。
 タイタン族の反省を踏まえて、創造神たちは自らの知恵と力の半分を注ぎ、初めの女神である「マリア」を生み出した。
 知恵と力を備えた女神族は、惑星グレイスに繁栄と栄光をもたらしていく。
 女神族の種族としての成功に満足した創造神たちは、惑星グレイスの地中深くに「神々の秘宝」を埋め、星を去っていった。

 創造神たちが新たな星へと渡っていく中、タイタン族創造の主神であった「シャドウ」は一人そこから離れ、
 単身、破壊の星デストへと向かう。
 女神族の成功を目の当たりにして、自分が創造した命が、どのような最期をたどっていったのかを知りたかったのだ。
 タイタン族の創造の失敗を非難されたシャドウは、他の創造神が生み出した女神族を羨み、そして深い憎悪を持っていた。
 かくしてシャドウはデストに降臨し、そこで予見しなかった光景を見ることになる。
 彼らは――タイタン族は、滅びてはいなかった。
 果てしなく続く争いの中、自ら滅亡へと歩を進めていたタイタン族であったが、
 一つの偉大なる王「オウガ」の誕生がそれを変える。
 オウガを王に迎えた一族は、その力をさらに強めながら、星と共に成長を遂げていたのだ。
 シャドウは狂喜し、彼らにある目的を与える。それは、他種族へ向けた暴力の開放、女神族との戦争だった。
 シャドウはオウガに悪意に満ちたある予知夢を授ける。
 ――女神族の住まう神聖の星グレイスに、タイタン族を打ち滅ぼす神の子が生まれ、タイタン族は滅亡する――
 予知夢を見せられたオウガは、怒りに身を震わせ、一族を率いてグレイスへと侵攻する。

 突然のタイタン族の奇襲にあわてた女神族だったが、知恵と力と、それまでに培った文明とで対抗し、激しい戦争がはじまった。
 グレイスはむごたらしく破壊されていくが、女神族たちは決して屈することなく、毅然と戦いに挑む。
 長期化する戦いに業を煮やしたオウガは、ついに自らグレイスに降り立ち、その圧倒的な力をふるった。
 大海が逆巻き、大地が割れ、多くの女神が打ち滅ぼされていく中で、「初めの女神」マリアは、惑星グレイスの消滅を悟る。
 マリアは自らの命と引き換えにして、生き残っていた女神たちに未来と希望、そして神々の秘宝を託し、
 時間と空間のはざまへと逃がす。
 直後、大地に打ち据えられる、オウガの決定的な一撃――。

 こうして、神聖の星グレイスは、マリアの悲しみと慈愛に満ちたその微笑みと共に、はかなく散って消えていった。
 それから長い年月が流れ――。

 女神族は、新たなる安息の地を求め、青蒼の惑星「サファイア」に降り立つ。
 この惑星もまた戦禍が渦巻いていた。

 平和を願う様々な種族とともに再び剣をとり、悪の封印に成功したサファイアは、
 女神族を中心に統治されていくようになる。

 しかし、その後も様々な陰謀に巻き込まれていくにつれて、徐々に女神族たちの中にも団結に亀裂が生じていく。
 そして、決定的な事件「神域裁判所事件」によって、ついにサファイアは、3つの勢力に分裂してしまう。

 そんな折、この星に、また新たなる脅威が迫っていた――。
征服の女神 ヴィクトリア
CV:荒浪和沙

  「暴風の国テンペスト」を治める女神であり、女神族をまとめる「至高議会」の三大最高権力者の一人。
  太陽のような金色の髪に、黄金の甲冑と愛剣を常に携えているその姿は、高貴さと冷徹さを備えており、女神族最強と言われるその剣技と共に、彼女を見るものに憧れと畏れを抱かせる。
HOME
HOME
HOME
HOME
運命の女神 ディステニア
CV:高森奈津美

  「神聖の国セレスティア」を治める女神であり、「至高議会」の三大最高権力者の一人。
  幼いころから未来を予見することができる「運命の輪」の能力を持つ。
  全ての未来を完全に的中させてしまう運命の輪は、彼女に予見を変えることはできないという概念を強く植え付け、あらがえぬ未来に対していつも涙をこぼしていた。
HOME
HOME
HOME
HOME
守護の女神 プロテニア
CV:藤田咲

  「自由の国フリーダム」を治める女神であり、女神族をまとめる「至高議会」の三大最高権力者の一人。
  この世界の全てを包み込むような、白くて大きな翼をその背中にもち、あらゆる生き物を護る長杖を両手に携えて見渡すその姿は、まさに女神そのものであり、慈愛に満ちた眼差しは、平等に世界へ注がれている。
HOME
HOME
HOME
HOME
冥界の領主 レイリー
CV:小泉豊

  冥界の王の憑代であり、その正体は「神聖王国」の白銀騎士団長である「大剣の騎士」オースティンの弟レイリー。
  ぼろぼろに腐食した外套と鎧を身に着け、目深にしている頭巾からは深い闇だけが覗いて見える。
big frame image
フッフフフフ・・・深淵より深く、闇より暗く真なる恐怖をその身に刻み込んでやろう